つきのわ温泉「熊の湯」

タイトルと内容は、まったく関係ありませんよ(笑)

2009-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免許更新と献血に行ってきました。


期限ギリギリで免許の更新に行ってきました。
こんばんは moonbear です。

免許更新のときにいつも思うんだけど、
手続きや手順のめんどくささ、なんとかならないんですかね。


いま思い出しながら、手順書いてみると・・・


1階の1番:受付

1階の0番:印紙購入

1階の4番:ICカードのパスワード入力

1階の7番:視力検査

1階の9番:写真撮影

2階講習室:講習受講

4階の窓口:新しい免許受け取り

4階の端末:ICカード内の情報確認


すべて必要な手続きなんだろうけど、窓口の順番くらい数字の小さい順にできないのかなと。
しかも、各窓口・端末に並んでいる人達の行列を横切ったり、
行列を迂回して移動しなくてはならないっておかしいでしょ。

そこで働いている人は、毎日来場者の動線を見ているんだから、
現在の手順に不備があることに気付くと思うんですけどね。
改善策とか提案したりしないんですかね?

ま、ああいう、お役所的なところに、
サービスの向上や改善を期待する私がおかしいんですよね(笑


ついでに今、思いついたこと。

最近はなくなったけど、以前は「交通安全協会費」って名目で、
支払いを強要されそうになったりしたことあったな。
払わないと「更新はがきが送られてこないよ」とか言っていたのは、
ウソだったんだよなぁ~。
警察関連の建物内で、詐欺のようなことをやるってある意味すごいね。


----------


区分が優良なのに、2時間以上かかってすべてが終わった後、献血してきました。
免許センターの出入口のところで、よく献血のお願いしてますよね。あそこで。

自分ルールとして、
免許更新が終わったあとに、献血車がいる場合は、献血することにしています。
現在の私が社会に貢献できることって、納税と献血くらいしかないですからね。


久しぶりに献血したんですけど、いろいろと変わっていて驚いた&対応が良すぎて驚いた。

○1:管理のシステム化が進んでいた。
献血手帳ではなく献血カードになっていた。
受付時に、手首にバーコードの付いたタグをつけられて、
採血直前などで手首のバーコードをスキャンして管理していた。
そりゃそうだよな。
今の時代に人の生命に関わることを、
手書きで管理ってありえないよね。

○2:採血前に、水分補給させられる。
受付でアクエリアスのハンディパックを手渡され、飲んでくださいと。
献血する人の体調を気遣っていることが感じられた。
採血後に飲み物をもらうことは以前からあったけどね。

○3:対応が良すぎる。
受付担当者、問診の医者、採血する看護師などの対応が良すぎて
こっちが恐縮してしまうくらいだった。



赤十字の人を見習ってほしいなぁ。>免許センターで働いている人々



最後に、一番驚いたこと。

採血後、休憩しているときに、飲み物・お菓子とか飲食できるんですけど、
そこで担当者が言った言葉。



献血後のお菓子


「よろしかったら、お持ち帰りしていただいても結構です。」

まぁ、常設の献血ルームではないので種類も少ないし、
金額はどうってことない物ばかりだけど、その気持ちが素晴らしい。


ほんと、見習って欲しい>免許センターで働いている人々


スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

moonbear

管理人:moonbear
ここは本館です。

つきのわ温泉熊の湯


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。